ソフトウェアエンジニアの転職

ソフトウェアエンジニアの転職に関する情報を提供しています

転職が決まったら行うこと(退職から入社するまでの話)

はじめに

本記事では転職が決まってから現職で退職の意向を伝え、退職をしてから入社するまでの話をまとめてみたいと思います。

 

僕自身は4回転職をしていますが何度やっても正直苦手なのがこのフェーズです。これは個人的な問題なのかもしれませんが、多かれ少なかれ現職へは影響を与えることもありますのでそういったことからのことが主な要因ですね。僕と同じように感じる方も多いかと思いますので本記事では僕の経験も踏まえてお話ししていければと思います。

 

f:id:masayuki5160:20200216110759j:plain

転職が決まってからすること

まずは転職が決まってからすることについてまとめてみます。

 

  • 現職に退職の意向を伝える
  • 現職の最終出社日および退職日を調整する
  • 転職先に現職の退職日を伝え、最終的な入社の意向を伝える

 

大きいところですとこういったところかと思います。各フェーズで企業によりますが書類が諸々必要なケースはありますがそれはそのルールにしっかりと従い対応をしていきましょう。煩雑なことが多いですがここは丁寧にしっかり対応をしましょう。

それでは順番にお話をしていきます。

現職に退職の意向を伝える

一番大切なことですね。

ここはシンプルに上司に時間を作ってもらい退職の意向を伝えるという以外は方法はないかなと思っています。僕自身は他に方法は把握していないのと、他の方法で退職をしたことはないのですが、現職との関係が特に問題がないのであればこの方法がもっともいいでしょう。

具体的にどう伝えるのか、ということがあるかと思いますが、僕の場合ははじめにストレートに

「xx月で退職をしようと思います」

と伝えてきました。

勤め先にもよると思いますがIT系の企業であれば人の入れ替わりはある程度活発ですので慣れている上司も多いかと思います。上司との関係性にもよると思いますがしっかり話をしていきましょう。

現職の最終出社日および退職日を調整する

さて、上司に退職の意向を伝えたらおそらく人事側にも話が伝わり最終出社日や退職日を具体的に決めることになるかと思います(この辺りは企業によるかと思いますの絵そちらに従っていきましょう)。

 

ここで多くの方がよく悩むポイントとしては以下ではないでしょうか。

 

  • 残ってる有給を消化したいんだけど、いいよね?
  • 残りの有給を消化して最終出社日と退職日は決めたけど、せっかくだしもう少し休みたい、入社日を遅らせることできるかな。。
  • 退職してから転職先に入社するまで無職期間ができるけど大丈夫なんだっけ?(ex. お金のこと、病気になったら?)

 

この辺りの点については僕も毎度悩んできたことですw そして、僕のお勧めとしては、

 

  • 有給はできるだけ消化してから退職する
  • できるだけ間をあけず、新しい職場で働き始める

 

です。

1点目は特に言及することはないかと思います。残ってる有給は使いましょう。勤めている企業にもよると思いますが、一般的な企業であれば有給を使わせてもらえると思います。

2点目についてです。これは僕の個人的なことかもしれませんが、間をおかずにぐ働き始めることをお勧めします。僕も以前一度だけ期間を2ヶ月ほど休みをとり次の職場で働き始めたことがあったのですが、以下のようなことがありました。

 

  • 収入もないのでお金がどんどん減っていき、逆にストレスが多かった
  • 2週間ほど休むと、お金の心配もあり、することもなくてとても暇になった
  • 不規則な生活になりがちで体調が悪くなった

 

非常にお恥ずかしいのですがこういった状況に陥りまして、この辺りが問題ないのであればしっかりお休みをとってもいいのでは、というのが僕の経験上からのお話ですw

一番大きかったのがやはりお金のことですね。ある程度の蓄えはあったとはいえ、別の収入もなかったためどんどん減っていく蓄えを見ると不安になってしまうのが非常に辛かったのを覚えています。他にも収入があり、働いていない期間も問題ないのであれば大丈夫でしょう。

 

とはいえ多くの方はそうではないと思いますので、前述の通り僕としてはできるだけすぐ働き始めることを激しくお勧めしますw

 

なお、退職後の期間の病気にかかったときのことなどは国民健康保険がありますのでお近くの役所にいき手続きをすることでそこの問題はクリアできます。僕も一度手続きをしたことがあります。退職からの切り替えは面倒ですがすぐに役所に行き手続きをすることをしましょう。詳細は本記事では割愛しますが余裕を持って事前に調べつつ手続きを進めましょう。Dodaの以下記事は参考になりますので関係する方はご一読ください。

doda.jp

転職先に現職の退職日を伝え、最終的な入社の意向を伝える

さて、最後のステップです。

現職での退職日が決まったら転職先にそれを伝えましょう。これはあまり言及することもないと思いますが、転職先の方もこの退職日の連絡を正式に受けるまではヒヤヒヤしていることと思いますのでできるだけ早く正確な情報をお伝えしておくことがいいでしょう。受け入れる方ももちろん大変ですしね、というお話です。

まとめ

本記事は以上になります。

僕も4回転職をしてきましたがやはりこの転職が決まってからの諸々のことは慣れませんし、都度調べながら適切な方に相談をしながら進めています。煩雑な作業も多いのですがここはしっかりと手続きをし、現職の方とはできるだけいい関係で最後の挨拶を進めることが非常に大切だと思っています。世間は狭いですし一緒に仕事をすることはあるでしょう。

それでは以上です、どなたかの参考になれば幸いです。では。