良い花は後から

エンジニアのキャリアや働き方、転職などについてお話するブログ

30代での転職を振り返ってのおすすめ転職方法まとめ

はじめに

本記事では転職を考えている30代のソフトウェアエンジニアの方へ向けてまとめます。私自身はこれまで4度の転職をしており、うち2回は30代での転職をしています。30代の転職は20代での転職と違う側面もあります。本記事では私の経験も踏まえつつ参考になる情報を提供できればと思います。 

f:id:masayuki5160:20210222220946j:plain

20代と30代の転職での違いと雇用される側の環境

おそらくこれは日本(日本の企業という方が正確かもしれません)ならではなのかなと思っていますが、20代のときの転職と比べてこれまでの経験をしっかり見られるように思います。もちろん業務経験も多いのでそこをしっかり話す必要がある、ということだと思いますが20代の頃は若いし伸び代がありそうだから成長の余地あり、ということで大目に見てもらえ、内定をもらえることがあるかもしれませんが30代の場合は徐々に厳しくなってくるでしょう。

一方でこの点は売り込み方(アピール方法)と売り込み先(企業)によっては武器にもなるはずと思っています。 

例えば、ソフトウェアエンジニアとして広く浅く技術についても事業(ビジネス)についても関わってきた方の場合を考えてみましょう。 現在はほとんどの企業においてソフトウェアおよびIT技術は事業を行っていく上でなくてはならない要素です。それを実際に広くではあってもコーディングをしていたという経験は畑を変えれば評価が変わることは起こります。つまり、ソフトウェアやIT技術を理解していない非エンジニアの方が多い企業においては両方を経験してきた方の存在は稀有だということです。

この視点を持ちつつ、次に転職する先を探すことは転職を成功させる一つの手段だと思います。20代と違い、30代では多くの企業で即戦力であることを要求されます。そして転職が成功するかどうかについてはその即戦力度合いをしっかりアピールできるか、そしてその企業とのニーズにあっているかどうか、というのは大きいでしょう。多くの方は、

  • XXという企業で働きたい
  • リモートワークができる企業で働きたい
  • 今より待遇のいいところで働きたい

などが転職の理由だと思います。これは良いモチベーションだと思います。ただ、日本においては新卒採用でない限りはこれらモチベーションだけで転職をうまく成功させるのは難しいかと思います。大切なことはこのモチベーションをきっかけにしつつニーズに合った任意の企業に転職するか、転職したい企業がニーズに合った人材を求めているタイミングで転職するのが転職をうまくするポイントではないかと思っています。

企業側の状況も常に変わっています。1年前には必要なかった人材でも今現在は諸々の事情ですぐにでもきて欲しい、ということはよくあることです。そのため、タイミングというのは非常に大切だと思っています。タイミングが合うか合わないだけで転職ができるかどうかは変わってくるでしょう。終身雇用を維持することは難しい、とトヨタ社長が言ったように今の時代は以前のように一つの企業で勤め上げるということは難しくなっています。

つまりほとんどの方にとって、企業の寿命より働く期間の方が長いということがおきています。この時、私たちがすべきことというのは勤めている組織で成果をあげつつ、転職のモチベーションを持ちながら希望の条件に合う企業とタイミングが合えば転職を常に考え続ける、ということなのだろうと思っています。所属している組織へ失礼なのでは、と考える方もいるかもしれませんがそうではありません。 

これはあくまで自身の人生のリスクヘッジ手段の一つです。上述したように企業の寿命が短い現在では、雇われる側としてはリスクヘッジはしておきたいですよね。そこで具体的なアクションとしてどうすることがいいかというと転職サービスを常に利用する、ということがあります。 

20代と30代の転職の違いと雇用される側がおかれている状況についてお話ししてきました。転職サービスをうまく活用していく必要性をご理解いただけたのではないかと思います。私自身も転職サービスは常に利用しています

こちらはLINE、ZOZOで活躍されてきた田端さんがされているyoutubeの動画です。この動画でも30代での転職についての話題がありますのでご覧頂くといいかと思います。非常にわかりやすいですのでお勧めです。

www.youtube.com

 転職をしたことがない方にとっては若干難しい内容かもしれませんが今の転職市場がどういう形で回っているのか、転職についての考え方などは非常に参考になります。

転職活動について

まずはいくつか転職サービスへ登録をしましょう。転職サービスへ登録する過程でこれまでの経歴や自身のスキルについて棚卸しすることになるかと思いますのでしっかりとそちらは記載頂くことをお勧めします。面倒かもしれませんが転職サービスを提供する企業側も転職サービスを利用している企業側もその情報を参照しますので出来るだけ丁寧に記載しておくことをお勧めします。

また、転職サービスは大きく2つのタイプに分かれています。それはエージェントが担当としてつくタイプ(転職エージェント)利用者が掲載されている転職情報を自ら確認し応募していくタイプ(転職サイト)の2つです(詳細については別記事にまとめたいと思います)。僕自身はどちらのタイプも利用してきましたが、それぞれメリット/デメリットがありますのでご自身で適宜選択して利用していくことをお勧めします。前述した通り転職サービスは継続して利用していくことになります。定期的に情報をアップデートしていくことも忘れないようにしましょう。定期的にアップデートすることで転職のタイミングをのがさず次の転職に備えることができます。

転職サイト/転職エージェントはいくつもあります。利用しながら自身に合うサービスがわかってくると思いますのでまずは並行していくつか利用されるといいでしょう。 私自身も常に複数の転職サイト/転職エージェントを利用しています。転職エージェントの方とも定期的にお話をすることをしています。ここで転職サイト/転職エージェントをいくつかご紹介しておきます。 本記事で紹介しているサービスは僕自身が利用したことがあるサービスのみです。そのため数は少なくなっていますがご了承ください。

ビズリーチ

ビズリーチは30代になってからよく使うようになりました。実際に4回目の転職はビズリーチでスカウトを頂いたことがきっかけで一年ほどしてからですが選考に進みました。現在もビズリーチを利用し、レジュメは定期的に最新にして情報収集を兼ねてときおりログインするようにしています。

注意点として、ビズリーチはキャリアが積み重なってからの利用をおすすめします。そういう意味で30代から本格的に利用を始めることがいいでしょう。ビズリーチでは様々なヘッドハンターから連絡があります。経験の浅いうちはそういった中から自分に合う提案かどうかを見分けるのは難しく、転職活動がうまくいかない理由にもなりえます。実際に僕もビズリーチ経由でスカウトを頂いたヘッドハンターの方とそりが合わず興味があった企業への応募結果もわからずうやむやになったことがあります。あくまで一例ですが、こういったこともあります。結果もフィードバックもない、そんなものです、と言われればそれまでですが、次にも繋がらないので無駄でした(もちろん良いヘッドハンター、エージェントの方も多いです)。そのため、現在は企業からの直接スカウトを中心に見ています。ありがたいことに定期的にスカウトを頂けるケースがあるので興味があれば返信をしたり、興味はあっても今は転職の意思がない旨を返信したり、といった利用をしています。これからも使い続けるサービスの一つです。

LinkedIn

LinkedInは最近よく利用しています。実際にLinkedIn経由での転職や転職に関わる具体的な活動はまだしたことはありません。ただ、レジュメを常に最新にしておくことでこれまでご紹介してきたようなサービスとは異なる方々からスカウトをもらえることが多いです。特に海外の企業を中心に連絡をもらえる点は大きく、GAFAMも含み直接スカウトをもらえることもあります。もちろんしっかり英語でレジュメを用意しておく必要はありますが実際に僕もGAFAMのリクルータから連絡をもらうことがあります。最近は多くのエンジニアの方がLinkedInで自身のページを用意していると思います。海外で働きたい、外資企業で働きたい、という方はLinkedInのプロフィールを整えておくことは一つの方法でしょう。30代であればキャリアも積み重なっている方もいると思いますのでしっかりアピールすることが大事です。

doda

僕がはじめての転職活動で利用していたのは doda です。そのあとも転職活動をする度に履歴書を更新し利用してきました。

初めての転職と2回目の転職の際にはお世話になりました。また、転職は結局しなかったのですが3社目で勤めているときにキャリアアップを考え転職を模索したことがありました。その時にもdodaを利用しました。その際は選考は進んでいたのですが考え直し途中で選考を辞退しその時の職場で引き続き頑張っていくことを選びました。途中で選考を辞退する、ということで迷惑をかけたにもかかわらずdodaのキャリアアドバイザーの方にはお世話になりました。

また、初めての転職の時と2回目の転職のときにはキャリアアドバイザーの方とキャリア相談をさせて頂きました。まだ社会人経験も浅いときだったので面談の度に優しい言葉ですが現在のキャリアでは転職をおすすめしないよ、という旨のお話を頂きました。当時は何を言ってるんだ、という風に正直思っていましたが今振り返るとそのアドバイスは的確で、焦って転職をすべきでない、という話はその通りでした。結果的に当時は転職をしていますが、第三者目線でのアドバイスを頂けるのはありがたいです。

30代になるとキャリアも積み重なっており、これまでよりも第三者目線でのフィードバックが良くワークする可能性が高いと思います。自分だけでは気づけない長所は良い例です。キャリアについてエージェントやキャリアアドバイザーの方にお話しすることで良い気づきが得られることがあります。意外に自身のキャリアについて話すことは少ないので定期的にそういった機会を設けることはおすすめです。僕も実際に半年〜1年に1回程度はエージェントの方と話をするようにしています。dodaではエージェントのサービスも提供していますのでその点もお勧めできます。

マイナビエージェント

30代になりキャリアが積み重なってくると第三者に相談をしながらの方が良いケースが増えてきます。僕自身も現在は定期的(半年〜1年に1回)にエージェントの方に相談をする機会を設けることで自身のキャリアや業界の状況をキャッチアップするようにしています。マイナビは大手ということもあり扱う求人も多く、僕自身もマイナビ転職(マイナビエージェントではないのでエージェントの方とキャリア相談はありません)を利用して選考を進めたことがあります。マイナビエージェントを利用することでエージェントの方と相談をする中で自身の次のキャリアを考えるきっかけにもなります。その対話の中で興味のある企業に出会えることもあります。そういう意味ではマイナビエージェントのような大手のサービスを利用することはお勧めできます。

おわりに

30代の転職は20代の頃とは違い、ある程度戦略的に進めることで良い転職に繋がると思います。そのための手段は、

  • 複数の転職サービスを利用する
  • 転職サービスに登録している情報は定期的にアップデートする
  • 転職エージェントの方と定期的に相談をする 

ということになるかと思います。企業の寿命が短くなり終身雇用が事実上崩壊しているからこそリスクヘッジとして常日頃から転職に備えておくことをお勧めします。それがこの先も楽しくソフトウェアエンジニアとして仕事を続けることに繋がると私は思っています。それでは本記事は以上です、何か参考になる情報があれば幸いです。