良い花は後から

これまでの経験を踏まえてエンジニアのキャリアや働き方、転職に関する情報を発信します

エンジニアの僕が転職をして後悔したこと3つ

はじめに

本記事では僕がこれまで転職を4度してきた中で後悔したことを3つご紹介します。中には少し恥ずかしいこともありますが初めて転職をするようなケースでは誰でも起こりうることかと思いまとめます。これから転職をしようと考えている方の参考になれば幸いです。

f:id:masayuki5160:20210313105538p:plain

転職をして後悔したこと3つ

前の会社の方がまだ良かった

これははじめての転職の時に感じたことです。

インフラエンジニアから派遣のソフトウェアエンジニアへと転職をしました。しかし、派遣先の会社文化や職場の方とどうも馴染めず苦労しました。当時はとりあえずソフトウェアエンジニアに転職できればいい、という程度で転職をしました。それは良かったのですが働きはじめると思っていたより苦労をし、前の会社で働いている方がよかったなと感じていました。

これは社会人経験が少なかったり、はじめての転職だとよくあるかと思います。今振り返ると後悔はしていないですし、苦労はだいぶした転職でしたが今の自分につながっています。この経験からぜひ共有したいこととしては、転職は慎重にしましょう、ということです。勢いも大事ですが自分に合う会社、合わない会社、というのはあります。今いる場所で活躍する、ということも一つの選択肢であることもぜひ思い出していただくといいでしょう。

前の会社の方にもう少しお礼を言えばよかった

これは退職時のことですが、よく後悔することです。

転職するということは今の勤め先を退職します。その際にやはりしっかりとお礼を言って転職はしたいです。ただ、なかなか難しいときもあるかと思います。例えば、会社が苦しい状況のときに退職をする時などです。僕が後悔しているのもこのときのことです。会社が苦しいことはわかっていながら去るというのはなかなかに心苦しいです。もちろん、そこまで責任を感じる必要もない、とも思います。この点は僕のパーソナリティによるものかと思いますので徐々によくしていければなと思っています。

必要なスキルセットが少し違っていた

転職をすると職場が変わるわけですからある程度は必要とされる知識が変化します。しかし、その点については転職前にすり合わせもできます。そのため転職してからの業務はある程度想像できることが多いと思いますが、そうではないこともあります。

実際に僕の3回目の転職では配属先で業務を始めると要求されるスキルセットが少し違っている、ということを経験しました。 具体的には利用するプログラミング言語についてあまり経験がなく、困った、ということになります。キャッチアップはできるものの、中途で入ったこともありある程度即戦力であることを期待されています。その中で経験の少ないプログラミング言語を使って成果を出さなければいけない、という状況には焦りを覚えました。この点については面接の時や配属の時にでももう少し強く主張すればよかった、と思うこともありました。当時はその状況を前向きに捉え必要とされる知識と技術を貪欲につけていくことで乗り切りました。結果的にはそれが今のキャリアにも繋がっており、当時の職場でも成果を出すことができました。とはいえ転職ならではのヒヤッとした出来事でした。

 おわり

エンジニアの僕がこれまでの転職経験で後悔したことをまとめました。僕がした失敗がこれから転職をしようという皆さんのお役に立てれば幸いです。それでは。

swejob.masaytan.com

swejob.masaytan.com