良い花は後から

エンジニアのキャリアや働き方、転職などについてお話するブログ

僕のこれまでの転職理由をさらけ出す

はじめに

本記事では僕自身のこれまでの転職経験を振り返り、その転職理由をまとめます。転職理由は人それぞれですが、今転職を考えている方の参考になればと思いまとめます。

f:id:masayuki5160:20210222220946j:plain

僕のこれまでの転職理由まとめ

ソフトウェアエンジニアになりたい

はじめての転職のときの理由がこちらでした。インフラエンジニアからソフトウェアエンジニアへのジョブチェンジになります。今はインフラエンジニアもある程度コードがかける方もいますが、当時僕がしていたのはネットワーク機器の設計や設定、サーバの設計や設定、そしてデータセンターでの設置作業に保守作業です。そこからソフトウェアエンジニアになろうとしていました。大学で情報工学を学んだので素養はありましたがそれでもチャレンジングではありました。ただ、この時の思い切りがなければ今はありませんので挑戦して良かったです。

体調を壊してからの再スタート

これは2回目の転職時の理由です。2社目で働いていたときに精神的に疲れてしまい、鬱になりました。そのためしばらく休職し退職をしました。そこからまた働き始めるため、転職をしています。このときは休職し、退職したあとの転職でしたが期間が短かったため数社に応募し内定をもらいました。転職理由とは少し違う気もしますがこういうこともある、ということで記載しておきます。

会社の状況が苦しくなってきた

これは3回目の転職時の理由です。事業が伸びていたため僕の給料も伸びていきました。ただ、しばらくしてから業界全体の伸びが鈍くなり、会社として新しい挑戦はするもののなかなか苦しい状況が続きました。お世話になっていたため転職することはあまり考えていなかったですが、会社の状況と自身のキャリアを考え、重い腰を上げて転職をしました。また、生活面での影響は少なかったですが給与の面でもしばらく影響があり、そろそろ難しいかな、というのも大きな理由でした。

面白い人たちがいそう、一緒に働きたい

これは4回目の転職時の理由です。幸いにもそれまで様々な環境で働くことができ、経験を詰めました。当時働いている環境に対しては不満もなく、長く働くだろうと思っていました。そんなときに以前から興味があった企業からたまたまスカウトを頂いたことが転職を考えるきっかけでした。スカウトを頂いてから長く時間をかけました(1年ほど)が、採用面接に進み、内定を頂きました。当時の勤め先には不満もなかったですが、転職を決めた一番の理由は、もっと面白い人たちがいそうだから一緒に働きたい、ということでした。給与面も上がりましたが、そこが多少少なくなってもおそらく転職していたと思います。これまでの経験から一緒に働く人たちが自身のモチベーションに一番繋がることを知っていたのでその方がいいだろうと思ってのことです。

おわり

本記事では僕自身のこれまでの転職経験を振り返り、その転職理由をまとめました。転職理由は人それぞれですが、今転職を考えている方の気づきにつながれば幸いです。

swejob.masaytan.com