ソフトウェアエンジニアの転職

ソフトウェアエンジニアの転職に関する情報を提供しています

面接でどんな質問をしたらいいのか

はじめに

本記事では面接での質問についてお話しします。質問はありますか、と面接の最中に聞かれるでしょう。その際にどういったことを聞くと良いかについてこれまでの僕自身の転職経験からまとめてみました。これから面接を受ける方などの参考になれば幸いです。

f:id:masayuki5160:20210222214609j:plain

面接でどんな質問をしたらいいのか

興味を持ったことを素直に聞く

基本的には興味を持ったことを確認することが良いでしょう。具体的には面接の中で聞いた業務内容のことや事前に調べて気になったことなどです。どんな仕事内容かについて面接の中で聞くことは問題ありません。おそらく現場の責任者の方が面接官だと思いますので積極的に確認すると良いです。例えば、

  • どんな業務内容か、具体的に質問する
  • 担当するサービスや事業の今後の計画を質問する
  • どんな方が働いているチーム、組織なのか確認する

 などです。僕は実際にこういった内容をよく質問しています。縁があって採用となったときにこれらは非常に大切なことだからです。質問をすることで自身も理解が深まりますし、企業側も本気で転職をする意思があり興味を持ってくれていることを認識できます。質問をして損はありませんのでぜひ質問をしましょう。

採用された場合を考え、不安な点を確認する

採用された場合、どうなりそうかを考え質問をしましょう。例えば以下のような内容があります。

  • 転勤はありますか
  • 評価はどういった制度でされていますか
  • どんなチームで働くことになりますか
  • 具体的な業務内容はどういった内容ですか
  • 利用する技術はどういったものですか

面接の中で把握できることも多いでしょう。しかしはっきりわからないこともあるはずです。その際はしっかりと質問をしましょう。入社してから思っていたことと違う、となることが大変です。可能な範囲で確認しすり合わせをしておきましょう。 その場で明確な回答を得られなくても面接後に連絡を頂けるケースもあります。気にせず質問をしてみると良いでしょう。

期待されていることはなにか確認する

採用をしているということは何かしらの役割を担う人が不足している状態です。それは一体何かを把握しましょう。それによって自身に期待されている役割を知ることができます。採用された際にはどういった成果を期待されるか、すり合わせをしておくことは大切です。特にある程度シニアになってくるとマネージャーの役割を期待されることは多いです。マネージャーの役割を担うことが問題なければ大丈夫ですが、そうでない場合はその点について事前にすり合わせをしましょう。

おわりに

本記事では面接での質問についてお話ししました。疑問に思ったことはぜひ確認をして頂き、認識合わせをする機会として利用すると良いでしょう。それはこれから面接を受ける方などの参考になれば幸いです。

swejob.masaytan.com

swejob.masaytan.com