良い花は後から

これまでの経験を踏まえてエンジニアのキャリアや働き方、転職に関する情報を発信します

僕がもし今から未経験でエンジニアになるとするなら

本記事ではもし自分が業界未経験でエンジニアを目指すとすればどうするか、という視点でまとめます。つい先日、奥さんの友人から、エンジニアになることを考えているんだけど・・・、という相談をされました。その際にうまく回答できず申し訳ないなと思いまして、せっかくですので考えをまとめることにしました。僕のこれまでの仕事仲間でも業界未経験でプログラミングを勉強し今でも立派にエンジニアの仕事をしているメンバーは大勢います。誰でもなれる、というつもりはありませんが可能だと考えてます。これからエンジニアを目指す方の参考になれば幸いです。

f:id:masayuki5160:20210222220325j:plain 

何からはじめるか

選択肢はいくつかあるでしょう。

 

  • 独学で学習する
  • オンラインスクールにいく
  • 職業訓練校にいく

 

多くの方はプログラミングを学習し企業に就職することでしょう。その場合、就職先を支援してくれる選択肢が良いと思います。オンラインスクールでもそういったスクールがありますし職業訓練校でもそうです。まずはそこから選択をしましょう。TechAcademy [テックアカデミー] は僕自身も以前利用したこともあるサービスでおすすめできるスクールの一つです。

 

 

転職補償コースも提供されています。僕自身は利用したことはありませんがスクールに通いつつ、学んだ内容を共有した上でキャリアの相談をできることは良いと思います。職業訓練校よりはセミナーの内容も新しいことが多いでしょう。そういった意味で選択肢としては良いと思いました。もう一つDMMが提供しているDMM WEBCAMP は良い選択肢の一つだと思います。DMMのエンジニアが内容の監修に携わっていることから内容が最新だと思われます。こちらは僕自身は受講したことはありませんが転職保障付きでこの内容だと安心です。

 

 

 さて、次に考えたいことです。どんなエンジニアを目指すかです。おすすめはサーバーサイドのエンジニアを目指すことです。理由は求人が比較的多いためです。

興味があることを選択することもありです。一方でエンジニアとして働き始めることを重視するならサーバーサイドのエンジニアをおすすめします。どのプログラミング言語を学ぶか、についてですがJavaが良いかなと考えています。RubyやPythonなどのスクリプト言語が人気かもしれませんがそういった言語を使っているサービスの絶対数はやはり少なく仕事も少なくなります。スクリプト言語を利用しているサービスは比較的BtoC向けサービスが多いため興味がある方も多いでしょう。しかしそういった会社は人気もあり就職が難しいことが考えられます。経験を積みながらキャリアのどこかのタイミングでそういった企業に転職する方法をとる方が良いでしょう。僕自身もそういった形で現在はBtoCサービスにたずさわっています。

話を戻します。どこで学ぶか、という点についてですがTechAcademy [テックアカデミー] ですとJavaのコースが提供されています。そして都内勤務などいくつか条件はありそうですが転職保障サービスも提供されています。選択肢として良い気がします。DMM WEBCAMP はRubyを中心に学習プランが組まれているようです。転職実績もあるようですが、少し就職できる間口が少なくなる可能性がありそうです。

選択肢がいくつか絞れてきました。お金がかかるお話ではあるので決断が難しいですがもし僕がこれから未経験でエンジニアになることを目指すとすれば、オンラインスクールでJavaを学び、もしお金に余裕があれば転職保障コースを選択すると思います。これが絶対良い、という選択肢はなく、人それぞれの状況に応じて選択をするしかないでしょう、選択肢としてこういった物があるよ、と参考にしていただければと思います。

勉強しながら適正を検討する

エンジニアは専門職だと僕は考えます。医師のように資格がないとできない職種ではありませんが高い専門性が要求されます。そのため向き不向きがあります。それは実際にプログラミングを学び、いくらか開発経験をする中で確認をしていくしかありません。勉強しながら確かめつつ、就職後にもエンジニアを続けられそうか考えると良いです。仮に就職後にエンジニアを辞めるとしてもそれまでの知識や経験は活かすことができます。違う業界に転職したりすることでそれを活かすことはできるでしょう。業界によってはITリテラシーが低いのでこれまでの知識や経験が相対的に高く評価されることで活躍することも可能だと考えます。エンジニアの適性がありそうか、このまま楽しくエンジニアをしていけそうかはじっくり考えながら進めることをおすすめします。 

就職先を探す

就職先を探すことはプログラミングを学び始める前から考えることが良いです。なぜなら学ぶ言語によって就職先が変わってくるからです。そして就職することを一番の目的にする場合は前述したようにサーバーサイドのプログラミングを学ぶことをおすすめします。就職先については

 

  • スクールの紹介
  • 自身で未経験でも受け入れてくれる企業を探す

 

の選択肢がありそうです。

僕は大学でコンピュータの勉強をしてましたが、はじめはインフラの企業へ就職をしました。そのためプログラミングを業務でしたことはなく、第二新卒で業務でプログラムを書く仕事へ転職をしました。そしていわゆる派遣エンジニアとなりました。正直にいうとなかなか大変でしたのでしばらくつとめた後に退職し、再度別の企業へ転職をしました。そこでしっかりとサーバーサイドエンジニアとして経験を積むことができ、キャリアを積む中で現在はアプリエンジニアとして仕事をしています。なお派遣エンジニアをしていて大変だったことは以下記事で振り返りをしています。参考までにご覧ください。

swejob.masaytan.com

就職先の選定は様々な方に助力をもらいエンジニアとしてのキャリアをはじめると良いでしょう。 

合わないと感じたら辞めるまたは転職も良い

この項が個人的には一番大事だと思っています。合わないと感じたり、激務で体調を壊しそうであれば辞めることを考えましょう。エンジニアの仕事は専門性が高い職種です。継続して新しい技術の習得、スキルアップが要求されます。業務を経験する中で楽しみを見出せれば良いですが苦しいという場合はキャリアチェンジなど退職、転職を検討すると良いです。それまで身につけた専門性は次のキャリアにおいて活かすことができるでしょう。どの業界においてもITやソフトウェアに関する知識は必要ですから。合わない、激務で体調を崩しそうなどあれば前向きに次を考えることをおすすめします。 

おわり

本記事ではもし自分が業界未経験でエンジニアを目指すとすればどうするか、という視点でお話ししました。僕のこれまでの仕事仲間でも業界未経験でプログラミングを勉強し今でも立派にエンジニアの仕事をしているメンバーは大勢います。誰でもなれる、というつもりはありませんが本記事にまとめたようにエンジニアで活躍するための道筋はいくらかあると思います。それでは本記事がこれからエンジニアを目指す方の参考になれば幸いです。