良い花は後から

エンジニアのキャリアや働き方、転職などについてお話するブログ

これまでしてきたエンジニアとしてのキャリアチェンジを振り返る

本記事ではこれまでのキャリアを振り返り僕自身がキャリアチェンジをしてきたお話をまとめます。

エンジニアの仕事は様々あります。僕自身はインフラエンジニアからキャリアを始めWebエンジニア、ゲームアプリ開発エンジニア、そして現在はiOSアプリ開発エンジニアとして仕事をしています。このキャリアチェンジは意図したものもあればその時々で必要とされる仕事を選んできた結果でした。エンジニアの仕事を続けていると僕と同じようにキャリアチェンジをする必要性がある方が多いと思います。そういった方の参考になればと思い本記事をまとめます。

f:id:masayuki5160:20210222214844j:plain
 

ネットワークエンジニアからWebエンジニアへ

僕はネットワークエンジニアとしてエンジニアのキャリアを始めました。ネットワークエンジニアとしてはルーターやスイッチの設定、そしてデータセンターの中での機器の設置作業などを対応していました。この仕事は今振り返っても楽しく取り組めていたと思います。ただ業務をする中で実際に地震が設置したネットワーク機器でどういったアプリケーションが動いているんだろうということを考えるようになりました。その結果僕としてはWebエンジニアとしてキャリアを始めることが良さそうだと考えるに至り転職をすることにしました。これがはじめてのキャリアチェンジでした。

Webエンジニアからゲームアプリ開発者へ

さてWebエンジニアにキャリアチェンジをして、しばらくはソーシャルゲームのアプリ開発をしていました。このキャリアの中で僕自身はPHP、MySQL、AWSを使い、サーバーエンジニアとして様々な開発業務に携わることができました。この時に獲得した経験や知識は現在も生きています。ソーシャルゲームの開発をしている中でユーザの関心がウェブゲームからiOSやAndroidで動作するネイティブアプリへ変わっていきました。その当時勤めていた会社でもネイティブアプリの開発に力を入れていくということになりました。そこで僕は興味があったこともありネイティブアプリの開発に携わることになりました。ここからUnityを使ってゲームアプリの開発を始めます。ゲームアプリの開発プロジェクトは一年半から2年ほど続きました。その開発の中で僕自身はiOSやAndroidアプリの開発を経験することができこれは現在の仕事でも生かされています。ただ今振り返るとこのときのキャリアチェンジはかなりチャレンジングでした。理由はサーバサイドエンジニアからクライアント側のエンジニアとキャリアを変えたことが大きいかと思います。ただこの時は若かったこともあり夜遅くまで開発業務をしながら知識不足や経験不足をカバーすることでプロジェクトへも貢献することができていたと今振り返ると思います。 

なおここまでの転職についての詳細はは以下記事でご紹介しています。よければ合わせてご覧ください。

swejob.masaytan.com

ゲームアプリ開発者からiOSエンジニアへ

さて、ゲームアプリの開発を行いアプリ開発しようとして経験値を積むことができました。その後勤めていた会社の業績が傾いてきたこともあり、いくらか悩んだのですが転職をすることになりました。その際に職種としてはサーバーエンジニアとして応募し採用いただいたのですが結果的にアプリエンジニアとしても経験があったことからiOSアプリの開発チームに所属することになりました。iOSアプリ、Swiftを用いた開発はあまり経験がなかったため当時はいくらか苦労をしました。ただゲームアプリの開発を通してアプリ開発の流れはしっかりと理解していたこともあり、時間はかかりましたが担当するアプリのリードエンジニアとして業務を任せてもらえるようにまでなることができました。今振り返るとこのときのキャリアチェンジ、iOSアプリエンジニアとしてのキャリアチェンジも大変でしたがゲームアプリの開発と言う経験を生かしながら新たな知識を獲得することでうまくキャリアチェンジをすることができたと考えています。この時の転職のことを振り返って書いた記事もありますのでよければご覧ください。

swejob.masaytan.com

まとめ

これまでの僕自身のキャリアチェンジを振り返ってきました。エンジニアとしての職業はそのままに、新しい知識を都度獲得していくことで新しいキャリアへと変わっていくことができたのだなと今思うとわかります。ただその時々、やはりかなりの努力が必要だったと今思っています。エンジニアとしてこれからも活躍していくには同じようなことがこれからも起こると考えています。転職がきっかけであったり、所属組織内での移動であったり、利用する技術の変更であったり、理由は様々あるでしょう。大事な事はキャリアチェンジの必要があったりする時にも前向きに捉えながら新しい知識を楽しく獲得していくことだと思います。後はエンジニアとして利用する技術が変わったとしても必要となるベースの技術や知識はありますのでそこはしっかりとしたものを自分の中に形作っておくことが大切だと思います。具体的には要件定義の知識であったり、設計、プロジェクト管理やデバッグ技法、テスト技法やアルゴリズムの知識などがあると思います。こういった知識はキャリアチェンジをしたとしても陳腐化する事は少ないためしっかりと自分のものにしておくことが必要だなと改めて思いました。それでは本記事は以上です。キャリアチェンジが必要なタイミングは多くの援助の方にあると思いますが本記事がそういった方々の参考になれば幸いです。