良い花は後から

エンジニアのキャリアや働き方、転職などについてお話するブログ

エンジニアにおすすめする読書方法とTips

本記事ではエンジニアにオススメの読書方法をまとめます。これは実際に僕が現在している読書方法についてご紹介します。エンジニアにとって新しい技術の知識や調べ物をする時に本は欠かせません。多くのエンジニアの方にとって本というのは身近な存在だと思いますのでどういった方法で具体的に読書と付き合っていくのが良さそうかについて参考になれば幸いです。

f:id:masayuki5160:20210222220435j:plain

エンジニアにおすすめする読書方法とTips

電子書籍で買う

まず1つ目のオススメポイントとして、電子書籍を使うということがあります。電子書籍油を使うポイントとしてはいかがあります。

 

  • いつでもどこでも購入できてすぐ読める
  • スマホ、PCどちらでも読める
  • 検索できる(できない形式もあります)
  • 自宅のスペースが本に取られない(本棚不要)

 

実は僕自身はついこの間まで電子書籍は否定派でした。理由は以下のようなことです。

 

  • 紙のほうが書籍の内容が頭に入る
  • 紙の書籍だとパラパラと中身をみやすくこれは電子書籍にはまだできない
  • 本を並べるのが好き(コレクション欲)

 

僕と同じような方はいるのではないでしょうか。こういったことが理由でこれまで電子書籍に対しては否定的でした。ですが以下のような理由から全面的に電子書籍に移行をしました。

 

  • 部屋のスペースが本に取られすぎる
  • 書籍用のレンタル倉庫(サマリーポケット)を使っていたが毎月に5000円以上になり費用が高くなってきた
  • 外出時にはいつも書籍を持ち歩いていたが毎回重くて辛くなってきた
  • 結婚して家族と住むようになり、自分のスペースが激減。。

 

これらを考え電子書籍に移行することを決めました。その結果、非常に良かったこととして以下のようなことがあります。

 

  • どこでも持ってる本を読める
  • 分厚い書籍を持ち歩く必要がなく、今まで積読になりがちだった本を読むスピードがあがった
  • 外出するときも身軽
  • 以前よりも読書をする時間が増えた

 

僕と同じように本は紙派、と言う方は多いと思いますが紙派だった僕がお勧めする電子書籍リーダーの理由は上記の通りです。ぜひいちど検討していただくと良いでしょう。ちなみに僕が利用している電子書籍リーダーはFire HD 8 Plusです。8インチサイズであればちょうど普段利用しているポシェットに入るサイズでかつ本も読みやすいのでこちらに決めました。若干スペックに不安があったのでPlusにすることでメモリサイズも大きめを選択しています。

 

Fire HD 8 Plus タブレット スレート (8インチHDディスプレイ) 32GB

新品価格
¥11,980から
(2021/8/7 21:50時点)

 

外出時にも手軽に持ち運ぶ運べるようにと言うことを考えた結果8インチサイズ程度のタブレットを探していたのですが、最終的にiPad miniとKindleファイアHD 8インチを比較していった結果、僕自身がKindleを使っていること、コストの面を最終的に鑑みた結果のこちらを選択しています。もちろんiPad miniの方がFireHD8Plusよりもおそらくサクサクと読めるのだろうと思いますが、実際に現在使っている感じとしては全く問題にはなりません。そのためこの商品を選択したことでだいぶ出費も抑えられ非常に満足しています。用途を絞って使うと言う分にはこれで充分でしょう。

待ち時間に読書や調べ物

さて、前述の通り僕の現在の読書方法は基本的に電子書籍を使っての読書です。こうなってくるといつでもどこでも読書ができます。またその場で必要な書籍を購入し読書をすることができます。こうなると読書の仕方は非常に柔軟になってきます。例えばのオススメとして読書をする時間は待ち時間です。日常の中で様々な待ち時間があるかと思います。例えば以下のようなことです。

 

  • 飲食店で案内されるまでの待ち時間
  • 通勤時間
  • 病院での待ち時間
  • 家族の買い物待ち

 

書き出してみると意外にありますよね。こうした時間に電子書籍を使っている場合は読書をしやすいと言うメリットがあります。僕自身はもともと読書をする方でしたのでもちろん自宅にいる時も読書はしますが、電子書籍に変えた結果上記のような待ち時間にも読書ができることになり非常に読書をする時間が増えたと思っています。特にエンジニアにとっては比較的分厚い本というのが読み応えもありますが新しい知識や学びが得られる本が多いです。そういった本を手軽に8インチサイズ等のタブレットで読める事はメリットだと思っています。もしそれを持ち歩くとなると毎日リュックサックを背負って出かける必要もありますがタブレットであればそんな必要はありません。読書が必要なことはわかっているけれども読書をする習慣がなくなんとかしたいなと思っているよ90の方々にはまず電子書籍を使ってこういった時間にちょっとでも1ページでも2ページでもいいので書籍を読む癖をつけると良いでしょう。僕自身は本当にちょっとした時間に1ページ読むなどをよくしています。ほんの少しですがちょっとした事件が得られたり1ヵ月2ヶ月ほど時間をかけて1冊の書籍を読むと言うような事はこの方法用いて達成することができると思います。

緩急をつけて読む

さて、いつでもどこでも書籍が読めるようになり、待ち時間に読書をすることができるようになったとしましょう。そしてもう一つ大事な事は、実際の本の読み方だと思っています。おそらく学校教育の弊害なのかなと思っていますが、本について読み始めるとどうしても頭から順番に読んでいかないと気がすまない、と言う方が多いのではないかと思っています。これは大きな勘違いです。もちろん書籍によっては前から順番に読んでいかないと逆に話が理解できないと言うものもあります。極端な例を言いますと小説などですね。一方でエンジニアが読むような技術書については特にシニアのエンジニアの方々にとってははじめの方の章と言うのは基礎的な内容が書いてあることが大半だと思います。もちろんそういった部分を読む事は新しい気づきがあることもあり得ますので読み飛ばすべきとまでは言い切れませんが緩急をつけて読み進めることが良いでしょう。知ってる部分は、大体ぱっと見で理解ができるなと言う所に関してはしっかりと読み込まずパラパラと読み流す程度で良いでしょう。一方で自分が知りたいことであったり、ちょうど今調べていることについて書いてある上に関してはじっくりと読む、そういった関係をつけたら読書方法をすると良いでしょう。言われると気づくかもしれませんが、こういった形で特にエンジニア向けの技術書については読み方を工夫することで読むスピードを上げ、効率良く読書ができます。ぜひ読み方を工夫して読書する習慣を身に付けていただくと良いのではないかと思います。ちなみに僕自身も読んだ本の中にはパラパラとざっと読んだだけの本も非常に多くあります。それをしたことでこのことについてはあの本に書いてあるな、というようなことがご自身の頭の中に索引として積み上がってきています。これは僕自身の財産であり、何かトラブルがあったときにすぐに調べることができると言うことにつながっています。 

[番外編]セールを利用する

さて最後に麻衣が番外編としてセールを利用する話をします。僕自身がKindleを中心に使っていることもあり今回はKindleの話をしますが、Kindleでは比較的頻繁に書籍のセールをしています。割引率はその時々ですが井筒所が半額で買えると言うこともよくあります。こういったセールは電子書籍ならではですがあまり馬鹿にならない技術所の購入費用を抑えられると言う点は非常に良いのではないでしょうか。僕自身も電子書籍を中心に使うようになってからいつセールがあるかな、と言うようなことがとても楽しみになりました。の小さなティップスかもしれませんが長い目で見ると家計にも優しいですしお勧めする1つのポイントになると思います。

まとめ

本記事ではエンジニアにオススメする読書方法をお話ししてきました。エンジニアにとっては学び続けることが大事なことですからうまく読書と付き合うことも大切だと考えています。そのための方法として電子書籍を使うことをご紹介してきました。また、待ち時間などを利用してうまくいつでもどこでも電子書籍を利用して本を少しずつでも読むような習慣をお勧めしています。うまく間時間を使いながら自身の意識を増やしていくことにもつながりますのでエンジニアにお勧めの読書方法としては電子書籍+空き時間いつでもどこでも読書すると言うようなことをお勧めして終わります。それではどなたかの参考になれば幸いです。