良い花は後から

エンジニアのキャリアや働き方、転職などについてお話するブログ

在宅ワーク中にはじめたおすすめ健康法

本記事では在宅ワークをしているときの健康管理についてまとめます。コロナ禍において在宅ワークが中心になった方も多いと思います。在宅ワークは働きやすい反面、通勤時間が減ったことにより運動時間が減り体調に変化が出る方も多いと思います。実際に僕もそうでした。そういった中で色々と工夫してきたことをまとめてみたいと思います。どなたかの参考になれば幸いです。

f:id:masayuki5160:20210222220435j:plain

在宅ワーク中のおすすめ健康法

ウェアラブルデバイスで運動量と睡眠スコアの計測

まずは計測をしましょう。在宅ワーク中心になってから僕自身も体調が徐々に良くない時が続きました。理由についてはなんとなくわかっており運動不足が主な原因だろうと思っていました。そこでウェアラブルデバイスを使った計測からまずはしてみることにしました。以前もよく利用していたのですがを毎日同じような結果になることに飽き、これは不要だなと思いやめてしまいました。しかし現在は前回とは状況が違うことがあり、継続してデータをとることが必要だなと思いました。僕が現在も利用しているウェアラブルデバイスがこちらです。

 

Fitbit Luxe フィットネストラッカー ルナホワイト/ソフトゴールド L/Sサイズ [日本正規品] FB422GLWT-FRCJK

新品価格
¥16,245から
(2021/8/10 21:33時点)

Fitbitのウエアラブルデバイスは様々ありますがトラッカーであれば比較的安価に、そしておしゃれに使うことができます。バッテリーの持ちも良く、僕が計測したい運動量、睡眠の質についても計測がしっかりできることが購入を決めたきっかけでした。

さて、久しぶりに計測結果を見てみるとやはり以前と比べ運動量が半分以下になっていることがわかりました。睡眠の質についてはそんなに悪くはなかったのですが、別の問題で起床時に毎朝腰が痛いことが続き、睡眠に問題があるのではと考えていたので合わせて計測し続けることにしました。 

現在もウェアラブルデバイスを使った計測を続けています。在宅ワークにおいてはこういった選ぶデバイスを用いて運動量を中心にデータをとっていく事は非常に大切だと思います。意識をしないと運動量が減ってしまいますから、こういった方法でトラッキングすることが良いでしょう。 

f:id:masayuki5160:20210810222040p:image

Fitbitで計測したある日の睡眠スコアの結果

毎朝筋トレ

在宅ワークが始まってからしばらくして、始めたことの1つがこの毎朝の筋トレです。通勤時間がなくなったことによって運動量が半分以下になってしまっていることがわかり、何か良い方法がないかと探していた結果、最終的に筋トレをすることにたどり着きました

せっかくの在宅ワークですから、時間を大切に使いたいと思い睡眠時間を増やしたり、家族とゆっくりする時間を大切にしています。そのためジムに行くことや、ランニングをすることではなく、もう少しコスパの良い方法として筋トレを選びました。実際に始めてみると筋トレは比較的短い時間で運動がしっかりとできるため自分に合った方法だと思っています。

そしてもう一つ楽しいこととして、筋肉が増えていくという事はただ単純に楽しさもあるということです。しっかりと続けていれば筋肉はしっかりとついていきます。もちろん食事やプロテインをとること等も工夫をしていますが基本的には正しい方法であれば徐々に筋肉がついていくことがわかりました。着実に成果が出ると言う事はモチベーションアップにもつながり筋トレ自体は毎日続いていることになります。コスパも良く在宅ワークとも相性が良いと言うことでお勧めの健康法の1つです。

ちなみに筋トレについてはきんにくんのyoutubeチャンネルが面白いのでおすすめです。書籍でも良いですが楽しく筋肉についての知識を教えてもらえるので僕も良く見ています。

www.youtube.com

食べすぎない

記載している通りですが食べすぎないと言うことが大事です。運動量がどうしても減っていること、そして年齢によることもありますが食べる量が多すぎることが問題だと気づいたことがきっかけです。この点については以下のような書籍を読みながら食事について改めて勉強をしました。

 

最高の体調 ACTIVE HEALTH

新品価格
¥1,386から
(2021/8/10 21:43時点)

 

「空腹」こそ最強のクスリ

新品価格
¥1,463から
(2021/8/10 21:39時点)

 

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

新品価格
¥1,485から
(2021/8/10 21:40時点)

 

食事については誰しもが気づいていることかとは思いますがしっかりとやろうと思うと意外に難しいことの1つです。僕自身もここまで食事についてしっかりと考え直し行動を始めたのは自身の体調変化によることがきっかけでした。僕の場合は在宅ワークを始めてから半年以上経ってからなかなか下痢が治らない状況が続きました。さすがに長い間入りが続くものですから何か問題があるのだろうと考えるに至り、ネットや書籍を読むな結果食べ過ぎによる内臓への負荷が問題なのではないかということにたどり着きました。ウェアラブルデバイスで計測をしてみた結果、以前の運動量と比べ半分以下となっており、しかし食事をする量は特に減ってはいません。むしろ増えているような気さえしていました。内臓への負担も大きいことでしょう。そして最終的に僕自身は以下のようなことを取り組みました。

 

  • 朝食を取らない
  • 間食を控える
  • 内臓を休めることを考える

 

この結果長らく続いていた下痢は止まり以前のような体調へ戻りました。もちろんこれだけが要因だったとは思いませんが1, 2ヶ月ほど食事に気をつけ内臓をいたわることによって体調が戻りました。食事については人それぞれだと思いますので(特に朝食を抜く点)、安易にそのままお勧めはしません

 

  • 食べすぎていないか
  • 内臓が疲れていないか
  • 排泄物の状態は問題ないか

 

など確認をしながら徐々に改善することが良いでしょう。自分にあった方法が見つかるはずです。 

夕方の散歩30分

これも在宅ワークが続いてから始めるようになった習慣の1つです。在宅ワークが中心になってから気づいたのですが、以前にも増して1日中家で過ごすことが増えました。むしろ1度も外出しない日が週に何回もあるようになりました。運動量が減ることももちろんですが気分転換もなかなかうまくできないのではないかというふうに思うようになりました。そのため現在では意識的に短い時間でも良いので夕方散歩するようにしています。夕方にしている理由としては特に夏場は涼しい時が多いので暑い時に歩かないようにしよう、と始めたことがきっかけでそれ以上の理由は特にはありません。季節が良い時であれば早朝に散歩するでもいいと思います。1日中家にいることが多い在宅ワークにおいてはこういった方法で体動かすことも大事だと思っています。例えば散歩をしリラックスすることで悩んでいることや仕事に関しての新しいアイディアが浮かぶことはよくあります。時間の無駄、と切り捨てずしばらく試してみることをおすすめします。 

お酒をやめる

さてこちらは在宅ワークがきっかけで始めた健康方法の1つではありますがもしかするとこれが1番効果があったかもしれません。お酒をやめるきっかけになったのはyoutubeで動画を見たのと、実際に紹介している書籍を読んだことがきっかけでした。

 

www.youtube.com

 

「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本

新品価格
¥1,247から
(2021/8/10 21:59時点)

 

在宅ワークが中心になってからお酒を飲む機会が激減しました。もともとビールが好きでしたので毎日缶ビール1本程度ですが食事後または食事中にビールを飲んでいました。ただもともとアルコールが強い方ではなかったこともあってか毎晩夜飲むことはどうも睡眠に影響があるのではないかと考えるようになり、思い切って飲酒をやめることにしました。その結果、Fitbitで計測している睡眠スコアも良くなりました。また、寝覚もよくなりわかりやすく体調の良さを実感できました。

お酒をやめてから現在で3ヶ月以上経ってますが現在もお酒は飲んでいません。もともとアルコールはなくても生活に問題なかったことが要因と思いますが、無理はしないようにしており、ノンアルコールビールへ切り替えただけです。僕のお気に入りはキリンのゼロイチですが、僕が毎晩ビールを飲んでいたのはただシュワシュワする飲み物を飲みたかっただけなんだなーと気づきました。これはいくつかお話ししてきましたが体調の改善に一番効果があったことかもしれません。

鼻うがい

これも在宅ワーク中に始めた健康法の1つです。もともと鼻から風邪をひく体質ではありました。アレルギーや花粉症もあって、一年中鼻をグズグズしているタイプです。在宅ワークが中心になってから、前々から行こうと思っていた耳鼻科へ思い腰を上げて行けるようになりました。その結果医師には、副鼻腔炎ですね、と診断をされました。薬を処方されながら改善を続けていた結果以前よりも症状が改善されることが確認できました。特に鼻づまりがほぼなくなった事は本当に良いことでした。

症状は良くなったのですが根本的に良くなったわけではなく、体質もできたら変えたいのと、鼻が弱いのであれば定期的にケアをするようにしたいと考えるようになりました。それから始めた取り組みがこの鼻うがいです。試しに毎朝1回鼻うがいをすることを始めてみたのですが、続けてみると、実際に鼻の調子も良くこれであれば定期的に耳鼻科へ通う必要もなさそうだなと思うようになり習慣としました。薬は現在はハナノアを使っています。

 

ハナノア 痛くない鼻うがい 専用洗浄液 たっぷり500ml(鼻洗浄器具なし)

新品価格
¥642から
(2021/8/10 22:08時点)

 

コスト的に見合わないようになってくるのであれば鼻うがい薬を自分で作る方法を考えますが、現在ではまだ定期的に買うことで対応を進めています。鼻が弱い方にはオススメの方法ですのでよかったらしてみてください。鼻うがいはやり方にポイントがありますので説明書等をよく読みながら対応することをお勧めします

まとめ

本記事では僕が在宅ワーク中心になってから始めた様々な健康法についてご紹介してきました。コロナ禍において在宅ワーク中心になったエンジニアの方も多いと思います。はじめのうちは通勤がなくて楽ちんだ、ということで皆さん思っていたと思いますが在宅ワークが中心になってくると様々なところに支障が出てくるでしょう。その1番大きなものが体調面だと思います。生活が変わったことで影響があることも多いと思います。ご自身が取り組んできたことがエンジニアの皆さんの参考になれば幸いです。それでは本記事がどなたかの参考になれば幸いです。