良い花は後から

エンジニアのキャリアや働き方、転職などについてお話するブログ

エンジニアなら検討すべき家事を自動化する家電製品

本記事では家事が自動化できる家電について実際に僕が使っているものをご紹介していきたいと思います。エンジニアの仕事として1つ大事だと思っていることがあります。それは何かを改善したり、ときには自動化したり常により良くすることを考える必要があるということです。それと同じ発想で家の中のことも様々な道具やツールを駆使して改善していくことがより良い生活につながると思います。そんなことを考えこれまで少しずつ取り組んできた家電を使っての自宅の中の改善を少しご紹介したいと思います。

f:id:masayuki5160:20210222220325j:plain

エンジニアなら検討すべき家事を自動化する家電製品の紹介

ドラム式洗濯機

まずはドラム式洗濯機です。これはこの後紹介する中でも最も高い商品かもしれません。実際にご紹介する中で最も効果があると思っていますが、まだまだドラム式洗濯機を実際に使っているご家庭は少ない印象です。その一方で、実際に使い始めたご家庭においてはおそらく今後もずっとドラム式洗濯機を使っていくのだろうと思います。ドラム式洗濯機を導入することで改善されることの1つはご存知の通り洗濯物を干すと言う作業がなくなることです。

f:id:masayuki5160:20210811092753j:image

もちろん衣類によってはそのまま乾燥してしまうと縮んでしまう恐れがあるためどの衣類を画像にかけるか、書けないかと言うことについては考えながら選択をする必要があります。僕の自宅では乾燥までかけるものと乾燥は別にして室内乾燥機で乾燥するものの2つに分けて洗濯カゴに入れています。こちらが我が家のドラム式洗濯機とその洗濯カゴ2つです。右側が乾燥までするもの、左側感想はしないものと言うことで分けて洗濯をしています。

f:id:masayuki5160:20210811092800j:image

右側のカゴ:乾燥までする洗濯物、左側のカゴ:乾燥はしない洗濯物

 

はタオルや下着類など多少縮んでしまっても問題は無いものに関しては感想までする、大事な衣服については洗濯までし乾燥は外干しまたは室内乾燥機にかけるということをしています。普段家事をしていることがわかると思いますが洗濯というのは家事の中でなかなか大変なものの1つです。特に量が多い場合の洗濯は時間もかかるし体力も必要です。それがドラム式洗濯機を用いて乾燥まで自動でできる、という事は洗濯の時間を短縮することができます。

正直に言うと僕自身も実際にドラム式洗濯機を買うときにはかなり迷いました。なぜなら今お話しした短縮できる作業時間の事とドラム式洗濯機の実際の値段を天秤にかけ考えたときになかなか踏ん切りがつかなかったのです。皆さんもおそらくそうだと思います。この点については例えば短縮した時間を使って家族との時間を取れることや他の事に充てられる時間を確保できるということを考えればそんなに高くないのではないかというふうに思います。またドラム式洗濯機の値段に関しては例えばビックカメラなどの家電量販店では大型家電に関しては無金利でローンを組めるということもキャンペーンでやっていることが多いです。数年使い続けることを考えればの無金利でローンを組み毎月の返済とすることで一括返済よりも支払いを先送りにできる方法を洗濯することも1つの手だと思います。実際に僕自身はそういった方法でドラム式洗濯機を購入しました。ドラム式洗濯機は本記事でおすすめする家電の中では一番のおすすめです!

食洗機

さて2つ目のオススメが食洗機です。これも日本の多くの家庭においては利用していないご家庭が多いのではないかと思います。マンションに住んでいる方は備え付けの食洗機が付いていることが多いと思いますので利用している方は多いかもしれません。しかし戸建てに住んでいる方や賃貸に住んでいる方についてはおそらく利用していないケースが多いのではないでしょうか。

食洗機に関しては最近では賃貸向けや戸建て向け等についても後から設置可能なものがいくつか販売されています。特に賃貸に住んでいる方に関しては食洗機とは縁がないと思っている方もいるかもしれません。しかし最近では例えば1人用または2人用など小さめのサイズの食洗機も販売されています。

 

アイネクス AINX 工事がいらない 食器洗い乾燥機 AX-S3W ホワイト

新品価格
¥29,300から
(2021/8/12 08:37時点)

 

パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TZ300-W

新品価格
¥99,000から
(2021/8/12 08:49時点)

 

一つ目のアイネクスの食洗機はタンク式のタイプの食洗機で設置場所の自由度が上がります。2つ目の食洗機はパナソニックが提供している食洗機です。僕も以前このパナソニックの食洗機を賃貸に住んでいたときに利用していました。分水器を使う必要がありますが家電量販店でその設置も依頼し問題なく賃貸でも利用をすることができました。最近ではタンク式の食洗機も様々なタイプが出ているようで、僕が好きな家電メーカのシロカからも食洗機が出ていますね、これは知りませんでした。 選択肢が増えるのは良いことですね。

シロカ 2WAY食器洗い乾燥機 [食洗機/工事不要/除菌率99.9%/オートオープン機能/分岐水栓可/タイマー6段階設定] SS-MA251 シルバー

新品価格
¥59,800から
(2021/8/12 08:53時点)

外食が中心だと言うご家庭に関しては食洗機を導入するメリットは少ないかもしれません。ただ最近は外食を控え自宅で料理を作り食事をする方も増えているのではないでしょうか。その際に必ず後片付けとして食器を洗う作業はあると思います。量の差はあると思いますが毎日発生する作業ですしこれをうまく自動化する事は時間の節約にもなると思います。食洗機を使うことで基本的にはさっと洗い流した食器をそのまま食洗機に入れるだけできれいに完成乾燥までやってくれる食洗機が最近は多くあります。食洗機自体は程度の差はありますが比較的安価に購入することができると思います。1点問題としてあるとすれば食洗機を設置するスペースと後はに関してだと思います。まずスペースに関してですがこれはどうしても1番の課題になりますので可能なら実際に家電量販店に行きどれぐらいのサイズかということを見た上で購入を決めることが良いでしょう。そして次に音についてですがこれについてはもちろん人によって気になる度合いが変わるとは思います。この点に関しても家電量販店に行き意見を聞くと良いでしょう。最近の食洗機については昔よりも静かになっているとはいえ音がしないと言う事はありません。そのため人によっては食洗機を使っている間はその音が気になり家の中が落ち着かないということになるかもしれません。僕自身は賃貸に住んでいた時に食洗機を導入し利用をしていました。多少音が気になることがあったため基本的には就寝前に食器を洗い食洗機に家食洗機を使うことで寝ている間に食器洗ってもらう、ということをしていました。僕の場合は寝室とリビングが分かれていましたので特に音が気になる事はありませんでした。もしワンルームで食洗機を使おうと言うことになると人によっては音が気になる事はあり得ますのでその点に関しては充分ご注意ください。

お掃除ロボット

次にお掃除ロボットです。これは比較的、家事を自動化をしようといったときに真っ先に思いつく家電ではないでしょうか。その割には実際に利用しているご家庭はまだまだ少ない、そういった印象です。僕の家ではルンバが二台設置されています。1つはリビング用もう一つは寝室と廊下部分の掃除を担当しています。 

f:id:masayuki5160:20210811234921j:image

リビング設置のルンバ

 

お掃除ロボットについては興味がある人は多いですが実際に買ってみた結果、うまく使いこなせず手放す方も多いのではないでしょうか。せっかくですので僕自身の掃除ロボットとの付き合い方をご紹介しておきます。いくつかありますが大切な事はお掃除ロボットに合わせて自宅の環境を変えてしまう、ということです。この言い方はお分かりかと思いますが、お掃除ロボットといえどそこまで賢くはないというのが実際です。もちろんハイエンドなお掃除ロボットを購入すれば家の間取りを記憶してくれたり、お掃除ロボットにカメラが付いているタイプもあります。そういったお掃除ロボットを利用することでうまく回避できることもあるとは思いますが多くの方が初めて購入するであろうエントリータイプからミドルエンドのお掃除ロボットに関していいますとやはりある程度人が環境を整えてあげる必要があります。僕自身が自宅で利用しているルンバはミドルエンドのタイプのお掃除ロボットです。エントリータイプのモデルではなく一つ上のモデルにした理由はゴミ捨てでした。このモデルではダストボックスを水洗いができるためお掃除ロボットの手入れが楽そうだ、と考え一つ上のモデルにしました。実際にそのおかげでメンテナンスは楽で助かります。

 

【キャンペーン対象】ルンバ e5 ロボット掃除機 アイロボット 水洗い ダストボックス パワフルな吸引力 WiFi対応 遠隔操作 自動充電 e51506 ブラック 【Alexa対応】

新品価格
¥39,800から
(2021/8/12 09:01時点)

 

人それぞれ考え方があるとは思いますが、必要ないものをそれをきっかけに断捨離するという事は部屋をきれいに保つことにもつながります。僕自身は掃除ロボットが掃除しやすいよう部屋の中を整理したり、床にものをおかないことや不要なものを捨てるといったことをすすめた結果、家の中のほとんどの場所をお掃除ロボットが掃除出来るようにまでなりました。そのため我が家には掃除機はありませんし、ちょっとした外出時にお掃除ロボットに家の掃除をお願いするといった運用をすることで部屋の中を常にきれいに保てています。僕が利用しているのは水拭きができるタイプの掃除ロボットではありませんのでもちろん時折水拭きが必要な事はあります。一方で髪の毛やほこりといったものに関してはお掃除ロボットがしっかりと吸い取ってくれるのであまり落ちていない状況を保てています。

お掃除ロボット自体はこのように掃除の時間を短縮してくれます。前述したようにお掃除ロボットに合わせて部屋を整理するという必要はありますが、そこに関して問題ないようであれば導入をしてもらうことを強くお勧めします。なお家の中の断捨離については以下書籍を参考にしていますので合わせてご紹介しておきます。

 

死んでも床にモノを置かない。

新品価格
¥1,430から
(2021/8/12 09:02時点)

 

イラストでわかる! 好きなモノと美しく暮らす収納のルール

新品価格
¥1,359から
(2021/8/12 09:03時点)

 

[番外編] 電子書籍リーダーの勧め

さて最後に番外編です。こちらに関しては自動化と言うことではありませんが、部屋の中の必要ないものも整理する方法として紹介をしておきます。エンジニアの方々はおそらく技術書をはじめ書籍を多く持っている方がいると思います。これに関してはすべて電子書籍に移ることをお勧めします。電子書籍であれば本棚を家の中にいくつも持つ必要もありませんので家の中をすっきりさせることにつながります。また、外出先や旅行先でもいつでも好きなときに本を読むことができるようになります。一昔前はなかなか電子書籍になっている本がそもそも少なかったという時期もあったかと思いますが現在ではほぼほとんどの書籍が何らかの形で電子書籍に対応しているケースが多いです。一方で少し古い本に関してはどうしても手少し古い書籍に関してはどうしても電子書籍化されていないケースがありますのでそういった場合においては書籍を購入するしかないでしょう。しかし基本的には電子書籍に進めていくことで家の中はものを減らすことができ間接的に掃除の手間を減らすことができるでしょう。僕のオススメとしてはアマゾンが提供しているKindleを利用することをお勧めしています。ご自身は普段利用しているスマートフォンとiPad、外出先ではFireタブレットの8インチサイズを利用し書籍を読むようにしています。

 

Fire HD 8 Plus タブレット スレート (8インチHDディスプレイ) 32GB

新品価格
¥11,980から
(2021/8/12 09:05時点)

 

部屋の中をきれいにする方法の1つでもありますが、書籍を使うことによって本を読む時間を増やすことにもつながります。そういった意味でも、電子書籍の利用はお勧めする方法の1つです。

まとめ

さて本記事は以上です。エンジニアの方にオススメできる家事を自動化する家電ということをお話ししてきました。比較的思いつきやすいことが多かったのではないでしょうか。一方で思いつきがするものの意外に実践している方が少ないのもご紹介してきたことについての実際だと思います。大きな金額を出費にもなることから少しずつ進めることが良いとは思いますが、家のことに関しても上手に楽することを少しずつ改善していくと良いかなと思います。その結果生まれた空き時間やに関しては家族とゆっくりすることや新しいことを学ぶ時間にも使えて良いでしょう。それでは本記事は以上になります。