良い花は後から

エンジニアのキャリアや働き方、転職などについてお話するブログ

転職活動はノーリスクなのでいつでもできるように準備する

本記事では転職活動についてお話をします。最近では多くの方が転職をするようになりましたがまだまだ転職を躊躇う方が多いのも事実です。その理由は様々だと思います。ただ転職活動自体はノーリスクです。いつでも転職活動をすることを僕はお勧めします。常に情報を集め続け、自身のレジュメを定期的にアップデートすることはキャリアの中で大きくプラスになるでしょう。それではなぜノーリスクと考えているか、と言うことをお話ししています。

f:id:masayuki5160:20200214214344j:plain

転職活動とは

まず、転職活動てはどういったことがあたるかを整理します。例えば以下があるでしょう。

 

  • 転職サイトに登録または情報更新する
  • 転職エージェントに連絡し面談をする
  • 転職イベントに参加する

 

転職サイトにまだ登録をしたことがない方は登録をしてみる、すでに登録している方は新しい情報に更新することは良い活動です。意外に面倒ですのでこれができるだけでも良いと思います。また、転職エージェントに登録をして、一度面談をすることもありだと思います。第三者の目線で自身のキャリアについてフィードバックがあるかもしれません。これも非常に良い活動です。ちなみに僕自身は時折キャリアアドバイザーの方と面談をし市場の様子やキャリアについて話を伺います。そしてもう一つは転職イベントに参加することです。これは中には抵抗がある方がいるかもしれませんが、とてもよい活動の一つです。最近はエンジニア向けの採用であれば各社イベントをしていることがあります。もちろんある程度の知名度がある企業が単独でしているイベントもあれば複数企業が集まってイベントをしているケースもあります。こういったイベントは興味がある企業があればTwitterなどでその企業アカウントをフォローしておくなどすることでアンテナをはっておきましょう。参加すること自体は無料なはずです。

転職活動はノーリスクなのか

転職活動とは、について整理をしたところで実際に転職活動はノーリスクなのか考えていきましょう。

転職活動をいつでもできるようにするための準備をする

まずは一つ目です。転職活動をいつでもできるようにするための準備が転職活動に必要です。これは例えば前述の、

  • 転職サイトに登録または情報更新する
  • 転職エージェントに連絡し面談をする
  • 転職イベントに参加する

が当たります。いずれも現在の勤め先とは関係のない活動のため特に問題はありません。一つ注意をすることがあるとすれば。転職サイトによっては企業側に転職者の情報をオープンにしているケースがあるためそこは注意しましょう。例えば僕の身近な例で言うとウォンテッドリーの情報を更新していたところ、それを勤め先に見つかり転職されるのでは、と心配され面談の予定が入れられた、と言う友人がいました。見つかったとして咎められることではないので問題はないと思いますが思いますが気になる方は注意しましょう。

応募/面接に臨む

さて、ここからは人によっては気になるのではないでしょうか。まず僕の結論から申し上げると転職をしたい企業への応募や面接に行くことは特にリスクではないと思います。むしろ、転職をするのであれば在籍中にこういった活動をするべきなので意思があるのあれば進めましょう。特に意思はないけどなんとなく活動をしている、と言うこともあるかと思いますがそう言う時は面接が進むにつれて徐々に危うくなってくる(ex. 最終面接とかで落ちやすい, 人によっては内定をもらった時に断りにくいと感じる)ので気をつけると良いでしょう。ただ、総じて僕の意見としては採用に応募することはおすすめですし、面接に臨むことは良いと考えています。そしてこれ自体はノーリスクだと考えています。

転職するかどうかは再度落ち着いて考えよう

最後の項目です。こちらは少し違うお話ですが、内定をもらい転職をするかどうか最後に考えるときは落ち着いて冷静になってみましょう、と言うことです。転職活動は慣れていてもある程度ハードなものです。仕事をしながら合間を見つけて転職活動をするわけですから体力的にも精神的にもいくらか疲れます。そのため途中から早く終わらせたい、と言う心理が働き流れで転職を決めてしまうことがあると思います。実際に僕自身も初めて入った会社や第2新卒で入った企業は今思えばそうでした。転職活動がなか中大変で社会人経験も浅かったこともあり、ここでいいか、と転職先を決めていました。その結果は想像に難くないと思います。2年もかからずその企業はやめています。僕の経験からもわかるように転職活動自体はノーリスクですが転職そのものは場合によってはリスクが伴います本当にその企業で良いのか、自身にとってプラスになるのか、この先しばらく働いていけそうか、など一度整理して考えてみると良いでしょう。それでも答えが変わらない場合は転職をすることが良いと思います。難しい決断になると思いますが最後には落ち着いて冷静に考えると良いです。

まとめ

本記事は以上です。転職自体はリスクがありますが転職活動自体はノーリスクだと言うお話をしてきました。転職活動がノーリスクであることはご理解頂けたと思います。ぜひ普段からレジュメの更新や情報収集をすることをお勧めします。その中で具体的に良い出会いがあれば選考に進むことも良いでしょう。しかしもし内定をもらった場合には一度冷静に考え、今後のキャリアについて検討をすると良いと思います。周りの方に相談をすることも良い方法だと思います。それでは本記事は以上です。転職を考えている方の参考になれば幸いです。